学校法人晃栄学園           幼稚園型認定こども園さくら幼稚園


保育の様子などはTwitterにてお知らせしております。


ご挨拶

 子どもにとって社会との付き合いの始まりの場であり、子どもが活動的に動ける時間帯の保育を受け持っているという自覚を持ち、保育環境を整えて子ども達を迎えております。

幼児期という時代は子どもにとっての「種が撒かれ芽が出る時期」と考えております。また、種が撒かれ芽が出るまでには時間が掛かりますが、それは必要な時間であり、大切な時間であると思います。

この幼児期に良いもの(本・遊び・正義感等の社会的規則・環境)に触れる事は子どもに人としての意識の深層に働きかけ、五感(見る・聴く・嗅ぐ・味わう・触れる)を磨く最も有効な時期と考えています。

知(悟る)・情(なさけ)・意(意識)の調和した全人を積極的に育てる教育機関として家庭と幼稚園の両方で子どもの育ちを促し、地域でのより良い生活が送れる手助けになれれば好いと願っております。