立腰教育

 足には「たてのアーチ(土踏まず)」が親指側と小指側に各々1本ずつ、2本あります。「横のアーチ」は中足骨骨頭部にあります。この3本のアーチの交点ABCによって三脚のように立っています。親指が1番強く、小指が2番目に強いのが正常なのです。しかし、足裏測定器で見ますと、ある小学校の4年生で90%の子の小指が浮いていました。

足が地についていない子が多くなってきています。その事により背骨まで歪んだ子が大変増えてきています。

 

当園では、幼稚園で立腰教育をします。姿勢の良い子どもが育っていきます。

平成11年度から上履きに草履を使用しています。